~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
監督解任と切腹の文化
2008-10-17 Fri 23:23
 慌しく一週間が過ぎていきました。今週は久々に(実に2年ぶりぐらいに)100%の力で仕事をこなしました。最近は無意識に仕事のペースを落とす非常に悪い癖がついていたので(前の職場で仕事をこなしすぎるとやることが無くなる、ということが多々あって、その後遺症だと思うのですが)、良いリハビリとなってます。なんでそんなに慌しく仕事をしたかというと、来年8月リリースだったシステムのリリースが4月に早まると言う、なんとも衝撃的な事態が起こりそうだからなんですね。客先要求とはいえ、4ヶ月も納期を縮めるとは…ありえねぇ。

 世間では株価が下がったり円高でタイヘンと言うことらしいけど、そのこと自体が僕の生活に影響を及ぼすことは今のところ無いみたいです。ボーナスの額が少なかったらショックだけど。どのくらい円高なのかちょっと見てみたら、ユーロが140円くらいになっていました。新婚旅行に行った1月が160~170円くらいだったので、なるほど、円高だな。
 そんな世間の不景気なんかより、僕は地方税に苦しめられています。引っ越したので自分で金融機関に行って払わなくてはならないのだけど、それが年4回に分けて納めるもので、それぞれ約4万ずつ、6月8月10月1月に納めなくてはならないのです。
 というわけで、ここ半年(6月8月10月)は、2月に一度、4万払わなくてはならないという状況で、かなり苦しいです。なんだか、引越しの弊害がこんなところにあるとはねぇ。

 水曜日にはWC最終予選を観たのですが、もうあの監督は首にして欲しいです。○○ジャパンとか、監督を冠した名称で代表を呼ぶのも虫唾が走るくらい、キライです。ホンットにつまんないフットボールをしてますよね。とにかく動きがすくねー。選手の選び方も交代もサッパリだし。なにかにつけてイラっとしてしまいます。
 外国は、成績が悪いとすぐに監督解任になるけど、日本はほんとにギリギリ、もしくはもうダメになるまで解任しない気がします(一概には言えないかもしれないけど)。日本は「切腹の文化」があって、「辞めて責任を取る」というのが外国より受け入れられる、という話を聞いたことがあるのだけど、この「切腹の文化」ってやつが、簡単に解任しない要員の一つになっているのではないかなぁ、などと思ったりしました。
 つまり、外国では解任をされた監督でも、いくらでもやり直しが利く、だから比較的簡単に首にする。でも、日本に居ては「解任」は地位も名誉も剥奪されて、よっぽどでは無い限りやり直すことすら難しい状況になる(切腹はやり直しが利かない)、だからおいそれと簡単に解任する側も解任出来ないのかな、などと思ったり。でもあの監督は即刻解任して欲しいです、やっぱり。そもそも大学生にボコボコにされた時点で気付けよな…。「ダメダコリャ」ってことに。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<自分を磨かねば | OWN WAY OWN LIFE | 懐かしい人ごみ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| OWN WAY OWN LIFE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。