~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
はつすべり
2009-01-10 Sat 22:48
 朝は比較的穏やかな小雪の日でしたが、お昼からは天気予報どおりの大荒れの天気でした。それでも、本日は予定通りスノボ初滑りを結構です。当初は一人で行く予定だったけど、昨日になって仙台の後輩であるK氏とU氏も同行してくれる、ということになり、現場で落ち合って一緒に滑ることに。

 本日は、強風でリフトが止まる可能性も大きいということで、近場のゲレンデで…ということに決めていました。で、いろいろ考えた結果、「宮城蔵王七ヶ宿スキー場」に決定。初めていく場所ですが、ネットの口コミ情報によると、「強風に強いゲレンデ」であるとか…(山に囲まれた地形の為、なかなかリフトが止まらないそうな)。

 朝9時半にはゲレンデに到着。仙台組は未だ来てなかったのだけど、ひとまず合流前に一滑り。ここはリフト一日券が3000円で、ネットでクーポンを印刷して持っていくとさらに10%オフで購入できます。さらに、一日券はナイターまで使えるという高コストパフォーマンスなゲレンデ。
 で、設備はどうかというと、リフト自体は若干古いし全部で4つしか無いものの、コースは意外と起伏に富んでいて、いろいろ遊べるアイテムもあり、侮れないです。「○○スノーパーク」とか名乗ってるような所と比べると、若者向けに洗練されたオシャレさのようなものは無いのだけど、ほのぼのした雰囲気があってそれもまた良い。人も少なくてリフトもすぐ乗れる。一言で言えば「穴場中の穴場」です。山型側からだと、着くまでに山を一つ(二井宿峠)越えなくてはならないのが天候不良時にはツライけど。
 食事関係も安いです。「ダブルチキンカツ丼」というのを食しました。でっかいどんぶりに、わらじ大のチキンカツが二つ乗って、山盛りのキャベツが乗って…というおおよそスキー場の食事とは思えないボリュームです。これはすごい。カメラを忘れていって写真が載せられないのがザンネン。お特感があるけど、吹き出物が出そうだな…w

 初滑りは、ひとまず足がガクガクになるくらいまで身体を痛めつけるように滑ったので、なんというか満足です。これで全身筋肉痛になれば、あとは「ボード用の筋力」を取り戻せるかな、と。とにかく今日は何をするにも筋肉のパワー不足を感じずにはいられない滑りでしたが。
 あとは、一緒に行った方々は後輩でもあり、フットサル仲間でもあり、気のおけない友人でもあるので、リフトでもタイクツすることなく過ごせました。感謝。うーん、意外とね、話術のスキルが低いせいか、人に寄っては1対1だと会話に困ったりすることもあったりするのだけど(シラフだと特に)、今日の二人くらい付き合いが長ければ、大丈夫なんだなぁ。

 午後3時くらいになって、身体も疲れたこともあったけど、吹雪が酷いことになってきたので、初滑り終了。ボード仲間のW氏は本日ジャングル×2に行ったみたいなんだけど、昼頃に全てのリフトが止まってしまったそうで…寒かったけどこの時間まで滑れたのは幸いでした。すぐには帰らず、スキー場の喫茶店で1時間ほどおしゃべり。ステキに楽しい一日でした。

 帰ってきたら、K里氏が「ラーメンが食べたい」とおっしゃるので、赤湯まで出かけます。長井には美味しいラーメン屋も無いのです。途中、終始猛烈な地吹雪に襲われ続けて、出かけたことを後悔しましたが、なんとか無事に到着。
 「まるひろ食堂」というお店。僕は淡雪ラーメン、K里氏はみそチーズラーメンを注文。強烈ににんにくが利いています。が、美味い。南陽のラーメンのレベルは高いという話は聞いていたけど、なるほど、とナットクです。他にも美味いお店がゴロゴロあるらしい。これは全部試してみなくては、です。

 さらに地吹雪の中を長井に帰ってきて、長井の温泉「萩の湯」へ。スノボで痛めつけた身体を癒します。かけ流しの温泉が効くことといったら…!まあそんな感じで、とってもステキな一日でした。
 
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<お誕生会とムリヤリスノボ | OWN WAY OWN LIFE | 冬スイッチ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| OWN WAY OWN LIFE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。