~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
津波の爪痕
2011-05-14 Sat 21:18
本日はフットサルのち、髪切りの一日。バイクのバッテリーが冬を越えた影響で上がってしまっていたのだけど、昨日、ネット通販で買った激安チウゴク製バッテリーが届きまして、久々にエンジンに火を入れることが出来、今日はバイクで一日うろうろしていました。ここ数年、エンジンの調子がイマイチでノッキングがしょっちゅう起こっていたのだけど、どうやらバッテリーのせいだったらしく、今日はエンジンが絶好調。ただ、足回りはリアサスが一本死んでいる影響もあり、ガタガタだったりです。

 フットサル終ってから理容室に行くまでの間に、宮城の沿岸部の道を通ってきました。東部道路から遠目で見たことはあったのだけど、実際に間近で津波の爪痕を見るのは初めてで、思っていた以上の衝撃で絶句・・・。
 どんなものを見たか、とか、どんな様子だったか、とかはあえてここでは書きません。それは報道されている情報とまったく一緒になってしまうから。ただ、実際に現地に行って感じたことは、まさしく「被害を実感した」という一言に尽きます。これまでも数々の報道から、津波の被害の写真だとか映像だとか動画だとか記事だとか、とにかくいろんなメディアからの情報を受けて被害を「理解した」つもりになっていたのだけど、まさしく認識が甘かった。そういうメディアの情報というのは、とにかく圧倒的に情報量が足りない。現地に行って、実際に目で見て臭いをかいで五感で感じる情報量により、初めて今回の震災の被害の大きさをおぼろげながら実感できた次第です(自分の想像力が弱いのかもしれないが)。

 そもそも、そういうところにノコノコと出かけることにはどこかしら「野次馬」「日和見」な部分があるのではないか、と抵抗があったのだけど、ものすごく主観的な部分ではあるが、やっぱりこの爪痕を見るべきだったな、と思いました。「がんばろう日本」だとか「復興」だとか、そういう言葉だけじゃなくて本質の部分の端っこに、ようやく自分自身がたどり着いたような。
 そして、震災に巻き込まれて亡くなった人が「運が悪かった」という思いよりも、震災に巻き込まれて死ななかったことに心底「運が良かった」と感じた。自分自身仙台に住んでいた時期もあり、どこかで一歩間違っていたらあの津波に巻き込まれていた可能性だって皆無じゃなかった、ということをまざまざと感じた。一瞬で2万人近くの命を奪ったエネルギーの恐ろしさが、そこにはまだ確実に残っていた。
 だから、最近いろいろと溜まっていてなんとなくやけっぱちな部分が自分自身少々あったのだけど、そんな小さなことではなく、とにかく運良くまだ生きてることを有効に使わなくてはなんてことを思った。やっぱ文章にすると稚拙で上手く書けないや。チクショー。とにかく、まだここからだな、と。一回多額の募金とかじゃなく、継続的な支援だとか、ともすれば忘れてしまいそうになるけど、忘れないこと。日常を取り戻した人は多く居るけど、実際はここからがもっともっとしんどくなるのかも、ということを念頭に・・・。ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<クルマのこと | OWN WAY OWN LIFE | 納車予定とGWのことと、今日気が付いたこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| OWN WAY OWN LIFE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。