~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
世の中の理(ことわり)
2006-05-10 Wed 21:13
お仕事で新しい言語を使うことになったので、
本日はひたすら本を読んでお勉強です。

といっても「java」ですけど。
めちゃめちゃメジャーな言語だけど、今まで
仕事で使う機会がなかったのですね。

入社して3年、「C言語」で仕事して、
その後の3年は「某企業の独自言語」みたいな
どローカルな言語で開発していたものだから、
自分の経験はプログラマとして全く潰しが効かないなぁ。。。
などとは思っていたので、メジャー言語で仕事出来るのは
ちょっと嬉しいです。

さて、どマイナーローカル言語から、超メジャー言語に切り替え、
(まだ勉強中ですが)まず思ったことは、
「ああ、これはすごい使いやすい。」
ということ。
なんといいますか、一言で言うと「理路整然」でしょうか。
組み立てやすく、読みやすい。
とてもやりやすいです。

決め事とか、文法の複雑さとか、ルールとかは、
「ローカル言語」よりも「java」の方が断然難しいです。

今まで使っていたのはループと分岐ぐらいしかないスプリクト言語
だったわけで、習得はおそらくjavaとかとは比べ物にならないくらい
早いんだと思います。

ただ、大きなものを作ろうとしたときにそういう決まりごとが少なければ
少ないほど、コーディングもしづらく、読みづらい。
結果として、品質を確保出来ない。。。とかね。

「流行る物には流行る理由がある。」ということ。
それから、
「一見、無意味でムダな事柄に見えても、全体を考えたときに
 物事をスムーズに運ぶために必要なことであったりする。」

のかなぁ、と再認識。
そういうものってきっと世の中には多いのです。
最初はムダに思えても、後々に
「ああ、これにはこういう意味があったのか。」
と気付くもの。(例を挙げれば信号機の「赤は止まれ」とか)
中にはホントに無駄なものも多々ありますが。。。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ばうむくうへん | OWN WAY OWN LIFE | ワールドカップ直前じゃないんでしょうか。。。?>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| OWN WAY OWN LIFE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。