~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
佐藤大輔に寿司を奢られる。
2006-05-22 Mon 21:55
マジメにマジメに一生懸命仕事をした月曜日です。
でも、ホントのこというとそこまで一生懸命ではなく、
合間合間にぜんっぜん関係ない考え事とかをしながらの
業務です。
多分、今の倍くらいの仕事を振られたらやっとこさ本気で仕事を
するかもしれません。(あんまり、そこまで全力を出すのはいろいろと
弊害があるし割に合わないのでまっぴらごめんですが。)

で、帰りに職場の同僚「佐藤大輔」に寿司を奢ってもらうことに。
なにかというと、この間の賭けの勝ち分な訳です。

さて、高級寿司を思う存分食べるぞ♪などと意気込んでいると、
なんと「平録」にしよう、などとオコガマシイ敗者の提案。
なにをバカなことを、この間の賭け(※)では「鮨勘」だった
ではないか、なにを根拠にランクを下げるのだ!?
(※佐藤大輔は数ヶ月前にも他の人との賭けに負けて寿司を奢るという
  悲惨な体験をしているのです)
と、泡を食って問いただすに、「オッズが違う」などという。
まあ、確かに、「バルサ-アーセナル」ならバルサのオッズが
低いだろうけど。。。オッズの話なんぞ、賭けの成立する前にするものだろ。
この期に及んでなんと往生際の悪い男だ。。。

しかし、大輔の経済事情もそれなりにギリギリな感じだし、
慈悲深いオレは平録でナットクしてあげました。
その代わり、これ以上の妥協はしない。
容赦はしないぞ!と心に誓い。。。

で、平録に着くなり、いつもの100円皿には目もくれず、
300,200を狙い打つオレ。
(一番高い皿で300円なのだ。なんとまあ庶民的ではないか。)
となりの大輔は意気消沈。やれ、赤身だの、ウズラ納豆だの、
ビンボクサイ皿ばっかり手を出しやがる。

ここまでは計算通りだったのだが、なんと、
大輔はビールを飲まない、と言う。
これにはちょっとひるむオレ。ビールダイスキな大輔がビールに
手を出さないなんて。。。そんなに逼迫してるのか?
あまり高い皿を食べちゃかわいそうかなぁ。。。
などと、持ち前の人の良さを発揮しつつあるオレ。
むろん、全ては佐藤大輔の出費を抑えようという作戦なのだが。。。
しかし、この期に及んで、そんな手に出ようとは。。。
セコイ、セコ過ぎるぞ!大輔!!

心を鬼にして、一番高い皿(大トロ・一貫300円)を食べ続けるのが
きっとネタ的にはオモロイ選択だったのだが。
隣でうつ病患者のように
「レーマンのヤツ。。。ラーションめ。。。」などと
ブツブツ言われると、なんとも食べ辛くってしょうがない。
ちょっとでも同情した時点で負けである。
結局、22皿食べた時点でギブアップ。
払いは二人合わせて7000円。
この間、彼が「鮨勘」を奢ったときよりも5000円も出費が少ない。
「勝負に勝って、試合に負けた」ような微妙な感じである。
あるいは、「痛み分け」だろうか?
でも、彼は100円皿ばっか十数枚食べたくらいで、2000円も食べて
無いだろう。だったら5000円くらいは飲み食いしたわけで、
十分堪能したと言える。

ジッサイ、久々にお腹がパンパンです。
ここ数年「しこたま飲む」ことはあっても、ここまで
「たらふく食う」ことは無かったので、
まあ、大変ご馳走様でした。って感じでしょうか。
最後の方は、味なんぞ関係なく、ただただ胃袋に寿司を
詰め込むという、なんとも勿体無い作業に没頭していた
気がしなくもないけど。。。

何はともあれ、給料日前のデンジャーな週に
他人のサイフで食事できたので良し、としようかな。
(次に勝った時は容赦しないぜ。。。大輔。。。)
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ビジネスカジュアルとルールの形骸化 | OWN WAY OWN LIFE | 救援物資>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| OWN WAY OWN LIFE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。