~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
特に何も無かったけど、やたら長い一日
2008-01-08 Tue 00:17
 朝7時半くらいに起床。目覚めは良いです。静かなホテルだし、当然か。着替えをして、8時頃に朝食へ。朝食は良くあるビュッフェ形式でした。
08012301.jpg

 良くある、と書いたけど、このあとの旅行で日本のホテルの朝のバイキングがいかにすばらしいかを思い知らされることになります。写真は手前がK里氏、奥が僕。何も考えずに食べ物をチョイスしたのですが、「最後だから日本食を」と考えたK里氏の方が正しい選択ですね。(まあ、僕はそのあとお替りで日本食を堪能しましたが)

 10時頃ホテルを出て空港に出発です。ホテルの送迎バスで行きます。成田に入るときに全員のパスポートをチェックする検問があったりで、いやがおうにも海外への気分が高まってきます。
 10時50分くらいに空港に到着。ひとまず円をユーロに両替。一人6万円、二人で12万円を両替しました。総額720ユーロです。おみやげもいろいろ買わなきゃならないけど、カードも使えるだろうし、難しいところです。今回のツアーは全ての朝食と昼食3回のみ付いていて、あとは自分でお店に行って食べることになるので、食費もかかります(まあ、自分でお店選べる方が良いけどね)。

 11時過ぎに添乗員さんと顔合わせ。ベテランっぽいので、とりあえず安心です。ツアーの人数は我々含め8人だそうです…。その添乗員さんの前回のイタリアツアーは40人だったそうなので、時期もあるけどとんでもなく少人数のツアーらしいです。(願ったり叶ったりだ)

 添乗員さんから飛行機のチケットを受け取って、搭乗手続きを行いに行きます。今回はJALの直行便なので、ロスバゲの可能性も低くて、移動時間も短いのです。もともと申し込んだときは欧州のどこかの航空会社となっていたので、(JALに変更になったのは)ラッキーでした。荷物預けも、思った以上にあっけなく終了。身軽になったので4階のお土産やさん・レストランのフロアへ。
 いろいろと日本最後の景色(?)を見て回ったあと、小腹が空いたので何か食べることに。機内食が日本時間15時くらいに出るらしいので、あまり量を食べないように、最後の日本食はたこ焼きにしました。
08012302.jpg


 その後、出国手続きを経て(金属探知機には引っかかりませんでした)、免税店をちょっとだけウロウロ。時間が来たので飛行機のところに行きます。
 乗り場の付近は日本人だらけ…日本からの便だから当然といえば当然だけど、イタリア人なんかもほとんど見ない。日本最後の売店でカリカリ梅を購入。

 そしてジャンボへ乗り込み。今まで乗った飛行機よりずっとジャンボなジャンボです。窓際席でテンションも上がります♪15分遅れくらいで飛び立ちました。
 国内線の飛行機と違って、エコノミーでもそれぞれの席にモニタが付いていて、みんな好き勝手に映画観たりゲームしたり出来るようです。僕もちょっとゲームなどやってみたけど、すぐ飽きる…。そとは晴天で景色は良好です。

 飲み物は遠慮なくビールを頼みました。よっぱらって寝ちまう恐れもあったけど、やっぱお酒が入るといやおうなくレジャー気分になります。

 そして、二時間後くらいに一度目の機内食。二種類からのチョイスだったので二人で一つずつ注文しました。それなりに期待していたのですが…。
08012303.jpg

 まず、これがK里氏の頼んだ「牛肉の卵とじ丼」。うーん、まあ、まずくはないかなぁ…。という印象。

08012304.jpg

 そしてこっちが僕の頼んだ「鳥の赤ワイン煮」。味は…うーん、コメントしずらい味だ…。というわけで、機内食は期待とは程遠いものを食べました。K里氏曰く、航空会社によってピンキリらしい。まあ、JALならこんな感じですかね。

 飛行機の進路は成田から一度太平洋へ出て、そこで旋回して北東へ。新潟を通って日本海に出た後は、なんと真っ直ぐ北上!ロシアに入ったあたりでやっとこさ進路を西に変えて、その後は雪のロシアをひたすら飛んでました。ロシアに入ったあたりで日は暮れて、あたりは真っ暗。窓からの景色もつまらないです。
 小説(冷静と情熱のあいだ)を読んでました。K里氏は空港で買った「数独」に夢中です。

 ちょっとは寝ておいたほうが時差ぼけ解消には良いと思うのだけど、眠くならずに小説を読んだり、K里氏と交代で「数独」をやったり。23:00くらいには小説(青のほうね)を完読です。ロシアの街の灯がたまに見えるのが幻想的。

 25:30(現地時間17:30)に、二回目の機内食。僕は一回目よりはおいしいと思ったけど、K里氏には不評でした。まあ、どっこいどっこいってことか。一緒にビールを頼んだんだけど、なんと凍ったビールが出てきました。外は-60℃の世界。なるほど、自然の冷凍庫なわけだ。ここに来て少々疲れがでたけど、もう少しで着陸なのでガマンです。

 18:30、予定通りの時間にローマのフィウミチーノ空港に到着。意外と暖かいです。言語は全てイタリア語(当たり前だ)。空港の売店で最初のイタリア語「グラッツェ」をしゃべってみる。うん、通じた(笑)。

 送迎バスにて20:00ごろホテルに着いて、本日は解散。郊外のホテル(予想通り)。周りには何も無いみたいです。「お湯が出ないことがある」と聞いていたけど、ちゃんと出たのでとりあえず安心。

 今日はもう休みたかったんだけど、飛行機で一眠りしてやたら元気なK里氏が「外を見て回ろう!」とおっしゃるので、とりあえずホテル周辺をウロウロ。ほんとに何も無いけど、信号とか自販機とかでちょっとだけイタリアを感じてホテルに戻りました。あとは電池が切れたように就寝。明日からいよいよ本当に旅行開始です。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ローマの休日的な… | OWN WAY OWN LIFE | いよいよ出発!>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| OWN WAY OWN LIFE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。