~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
花の都へ
2008-01-10 Thu 22:46
 6時起床。まだ時差ボケは解消していないようです。7時前に朝食をとって、着替えなどの準備をして、8時半にロビーに集合してバスで移動します。本日はフィレンツェへ。
 バスでの移動は高速道路です(当然ですが)。制限速度は日本とそんなに変わらないみたい。ローマを出た直後は日本とそんなに変わらない景色だったけど、北上するにつれてヨーロッパぽい感じがそこかしこに現れました。「溶岩の岩の上に作られた街」だとか、珍しい風景も見れてタイクツしません。10時過ぎにドライブインで休憩した以外はノンストップで、12時前にフィレンツェに到着。

 予定より早くバスが着いてしまったらしく、ツアーの予定にはない「ミケランジェロ広場」に急遽連れて行ってもらえることになりました。今日の天気は曇りがちで霞がかっているのですが、フィレンツェの景色を一望できるすばらしい眺め! かなりの高台にあるので、自分で来ようとしたら、坂を延々と登らなきゃならなかったことでしょう。ラッキーです。
08020508.jpg

 12時過ぎにフィレンツェの中心街の南東の端っこでバスを降りて、ここからは徒歩でのツアー観光です。フィレンツェの中心街はローマやミラノほど大きくなくて、恐らく「盛岡の中心街」と同じくらいの大きさだと思います(解りづらいか…?)。ベネチアほど道が入り組んでいるということは無いのですが、そんなに広くない道の両端に2~3階建ての建物が立ち並んでいるので、見通しは良くないです。フンイキはこの上なく良い街ですが。
 そして、今回のツアーでの食事一食目。ミネストローネと子牛のソテーだったのですが…これが、ビックリするほど美味しくない…。いや、「マズイ」というわけでは無いのですが、「美味しくない」のです。よもや、機内食以外でこんな思いをするとは思いませんでした。
 店内を見渡すと、同じようなツアーでやってきた中国人とか日本人で溢れ帰ってます。きっと、いろんな旅行会社と提携しているのでしょうけど、これは…ダメだろ…。今回のツアーはなるべく自由行動が多く、食事も付いていない(→自分たちでお店を選べる)ツアーなのですが、それでも、あと二食ほど(ツアーの食事が)あります…。

 まあ、気を取り直して観光です。見通しの悪いフィレンツェの街をテクテク歩いていくと、ふいに眼前が開けて、あの「ドゥオモ」が目の前に現れました。思わず、「ぅお!」と言ってしまうくらいのインパクト。旅を通してイチバン美しい建物でしたね。現地ガイドの方に連れられて内部の観光、それから外での説明など。ツアーでは登りませんでした。明日は一日フィレンツェで自由行動なので、また来ることになるでしょう。
08020509.jpg


 ドゥオモは街の中心にあります。そこから少し南下するとシニョーリア広場があります。。先ほど行ったミケランジェロ広場にも「ダビデ像」があるのですが、ここにも「ダビデ像」が存在します。それから、なんだか解らんけど(わかるものも有るけど)いろんな彫刻が無造作(?)においてあるのです。イタリアの凄いところはこういうふうに街のいたるところに美術的価値が高いと思われるものが無造作に存在することですね。
 さらに南下すると「ポンテ・ベッキオ」という橋があります。ポンテは橋の意味、ベッキオは「古い」という意味だそうな。ふーん。ここは橋の両端に宝石店が並んでいます。橋が落ちたら億単位の損害が出るだろうなぁ。
08020510.jpg


 時間は15時。この旅行で二番目に楽しみにしていたかもしれない、「ウフィッツィ美術館」へ。普段は2、3時間とか並ばなきゃ入れないという、スゲー人気の美術館なのです。我々は予約していた(ツアーでね)ので予約用の入り口から並ばず入場。でも、並んでいる人もそんなに多くなく、せいぜい2,30分くらいの行列に見えました。やっぱ、シーズンオフだからどこかしこも空いているらしい。
 ウフィッツィではテレビや本でしか見たことの無い、本物の絵画がゴマンと有ります。いやはや、スゴイ。何度も鳥肌が立ちました。ただ、ツアーなので、自分の好きな絵を好きなだけ見られないのが辛いところです。それぞれの絵の説明を聞けるのは、それはそれで良いのですが…。
 ツアーの時間も限られていたらしく、ルネッサンスの時代の代表作をバタバタバタっと見ただけで、バロック時代のものなどは完全スルーでかなり悲しい思いをしました。ちなみにK里氏はこの時点で、強烈な時差ぼけにやられまして、立ってるのもしんどいくらいのフラッフラのグロッキーです…。彼女もこの美術館はたいそう楽しみにしていたらしく、非常に悔しがってました。まあ、またいつか来れば良いのですがね。

 17時にフィレンツェの駅(中心から北西の方角)の近くで30分ほど自由行動。本日のホテルも郊外な上に、食べ物やなども無さそうだから、この辺でなにか買っていったほうが良いよ、との添乗員さんのお言葉…。そうか…しょうがないな。しばらくウロウロしたけど、街の勝手もわからず、結局なにも買えず。
 18時にバスが駅に迎えに来てくれて揺られること小一時間。本日のホテルへ到着です。サスガに僕も少し疲れた…。最近出来た、すごく新しげなホテルでした。
08020511.jpg

 とりあえず食べるものが無いので近くのスーパーでワインだのフォカッチャだのピザだの買って、ホテルの部屋で夕食…イマイチでした…電子レンジが欲しい…。全体的に、食に満足出来ない一日でした。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<フィレンツェ探訪 | OWN WAY OWN LIFE | ローマの休日的な…>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| OWN WAY OWN LIFE |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。