~いままでのことこれからのこと~
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
基準は自分
2011-07-31 Sun 22:49
 二週間ぶりの更新です。先週はバイクで会津の方に行ってきました。観光客も見えたけど、普段と比べたら明らかに過疎ってました。風評被害、という言葉も頭に浮かんだし、実際会津の放射線なんて首都圏と同じが、低いくらいなのだから、福島括りは気の毒だと思ったけど、これは山形に住んでる自分を基準にした考え方だな、とも思う。山形・仙台にて生活しているから、100キロぐらいの位置は「大丈夫だろう」と思えるが、それ以上離れている、例えば北陸だとか東海だとかあたりの人からしたら、100キロなんて近づく気にさえならないのかもしれない。実際、恥ずかしい話だが、僕自身も相馬だとかいわきだとかには例え放射線が大したことなくても、今は近づく気になれないし。

 今週は普段通りの週末で、土曜日のフットサルも気温が低くて動きやすく、いつも以上に動いたからかいつも以上に疲弊してしまい、日曜日は疲労を引きずった一日となりました。うん、まあ、最近はいつものこと。たいがい、月曜の夕方くらいに調子が戻ってきます。

 「北の国から」のDVDボックスを購入しました。昨日届いて、毎日ほそぼそと観ております。「癒し」という言葉は好きではないけど、そういう雰囲気をあの大自然には感じます。しかしこのドラマ、好きな人は好きだろうけど、嫌いな人はたまらなく嫌いなんだろうなぁ、とも思う。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
「よくわからないけど」が、たちが悪い
2011-07-22 Fri 22:30
 一週間を終えて、明日明後日はお休みです。K里氏が部活の県大会の引率なので、一人行動の二日間。が、土曜日は通院が有るので、フットサルにも行けませぬ。最近の生活で保留にしていた少々の用事を済ませたりの、事務的な週末になる可能性大、かなぁ。5千キロ走ったので、アクセラちゃんのオイル交換もしなくてはなりません。

 何か意外と大事なことを決めるときに、「よくわからないけど…」という前置きのもとに物事を決める、いうなれば無責任な人が多いように思います。「よくわからないけど、自民党がダメなんでしょ」とか「よくわからないけど民主党なら日本が変わるかも」とか、「よくわからないけど、ト◯タ買っとけば大丈夫」とか、「よくわからないけど、K-POPがいいらしい」とか…。
 まあ、結果として被害を被るのは概ね本人なので、放っときゃいいってのもありますが、このいい加減な判断がときに周りを巻き込んで大いなるメイワクを被ることがあるわけで…。比較的、情弱なワタクシがこんなこというのもおこがましいのですが、「よくわからないのだけど」で行動するくらいならなんにも行動しないほうがマシだと思う。というか、せめて自分が納得いく程度までは調べてから行動するべき。調べる手間なんて、ほんのわずかな時間でも簡単に情報が得られる時代ですから。
 昨日の国会中継の映像をみて、あまりのショックにこんなことを思いました。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
2011長野旅行その1
2011-07-18 Mon 21:02
 3連休の最初の2日を利用して長野に旅行してきました。新しいマイカーでの長距離旅行は初だったし、去年のクルマでの長距離旅行の金沢はK里氏のK自動車だったので、クルマの長距離性能を試す意味もありました。

 初日はいつものフットサルのあと出発。旅行だけに重きを置くのであれば朝から行けばよかったのだけど来週も通院でフットサル不参加が決まっていまして、2週ブランクがあると動きが非常に悪化することが最近わかったので。

 お昼から出発して初日はほぼ移動だけ。新潟県の妙高高原のペンションに宿泊です。なんとなく魚が食べたかったので、よくあるフレンチとかのペンションじゃなくて、和食を売りにしているペンションで舟盛りとか食べました。まだ、ペンションは生涯で3泊しかしてないのだけど、そこそこ良い宿だったかと思います。料理に関しては「元料理人」とかの宿だと当たりが多いように思う。

 次の日が観光。まずは戸隠高原へ。3連休とはいえ、震災とか原発とかいろいろあって、そんなに混むようなイメージ無かったので、観光客の多さには驚きました。戸隠では神社巡りがメイン。僕はパワースポットという言葉がすごく嫌いでして、そこに行っただけでパワーが貰えるとかそういう浅はかさ、さらにそいういう言葉によって、神社仏閣とかが近年人気であることがザンネンな感じなのです。僕にとっては、神社も仏閣も山も海もパワースポットなんかではない。そこに行っただけでパワーを貰えるなんかはない、と考えております。そういう枠組みではなく、なんというかもっとスケールの大きな物だと思っているのです。
 そんな屁理屈は抜きにしても、戸隠は良いところでした。とってつけたような忍者村も入場料500円と思えば値段以上に子供だましを楽しめます。

 戸隠でそばを食べた後、予定では長野善光寺を経て軽井沢、と考えていたのだけど、思ったより戸隠が(良い意味で)時間かかったので、善光寺はすっとばして軽井沢へ。有名なのでね、一度どんなところかみてやろうと軽い気持ちで行ったのですが・・・ちょっと舐めてました。連休・夏の軽井沢恐るべし。生涯で2番目ぐらいにひどい渋滞に捕まって、結局メインである旧軽井沢にはたどり着くことすら諦めて、端っこをかすめるように教会とか美術館とか行ってきました。旅慣れてはいるのだけど、バイク乗りは渋滞は無縁だし、人ごみも避ける傾向にあるので、もっとも苦手な場所に挑んだ感じになってしまいましたとさ。

 で、そのあとはひたすら高速を走って帰宅。往路は磐越から北陸道、帰りは北関東から東北道を通りました。思ったよりいろいろ回れなかったのは、長野の大きさを甘く見ていたから要所要所の移動時間がやたらかかってしまったという計画の甘さではありました。ただ、なかなか面白い場所であることはわかったので、また近いうちに遊びに行こうかと思います。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ブログを書く時間は15分以内としよう
2011-07-05 Tue 22:48
 端末をMacに変えたことでで、少なからず生活の情報の入手やらの経路にちょっとした変化があったので、ブログもちょっと更新してみようかと思ってます。日々の出来事と、思うところなど。目指せ原点回帰、です。

 朝からちょっと画期的な出来事。資源ごみ(ダンボール)をついに捨てることに成功しました。週一回、捨てるチャンスがあるわけですが、家は基本的に燃えるゴミの日以外は気にしないので、毎週捨てそこねること数ヶ月。ようやく部屋の面積を半畳くらい広げることに成功。次に捨てたいものは古い布団。これは1ヶ月に1回というかなりの高難易度なのであります。さてさて。

 被災者の神経を逆撫でした某復興大臣について、いろいろともんちゃくがあったようですが、まあ、フツーにやめてしまったようで、意外と根性無いですな。キャラとしては面白そうだったので、しばらく居座ってもらって政権にとどめを刺してもらうってのもアリか、なんて無責任なことを思ったりもしてたのですが。恫喝があって、仙台のテレビ局TBCがそれを報道して、TBCの親玉TBSも報道して、その後に他局も報道、という流れだったように思いますが、情け無いのは「他局」の方々ですね。完全に恫喝に屈したあとに糾弾していたようで・・・。最初から「書いたら終わり」の部分ながすべきだったと思いますが。朝の時点ではそこをカットした放送だったのはいかがなものか。

 RSSというやつに手を出してみました。存在は知ってましたが、なんとなくめんどくさくて実際に使ってみるのは初めてですが、思った以上に使い勝手がありそう。つーか、毎朝のように、友人のブログ(数は少ないですが)が更新されてないかチェックするためにうろうろしていた手間が省けるだけでもスバラシイ。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
Macにくら替えしました
2011-07-02 Sat 23:02
 まいどご無沙汰の更新でございます。忙しいというより、ツイッターで言いたいことまかなえてるのでブログに吐き出すことが少なくなったことも要因かと。ツイッターは僕にとって「王様の耳はロバの耳の穴」のようなものになりつつあります。

 さて、本日はフットサルをお休みして病院三昧。深刻なビョーキではありませんが、30年のメンテナンスということで、ちょっとお医者様の手をわずらわせているところです。予約制度がない病院なんかは待ち時間で発狂しそうになるし、歯医者は音が痛いうえに健康な部分も削られてる感がなんともいえないです。フットサルに行くと一日終わってしまうのですが、行かない週はなんとなくボヤッとしてしまうところがあります。体に悪いものが溜まりそうで。

 震災の1週前にiPhoneを購入しまして、震災時には何かと役に立った、ということは書いたと思いますが、その延長の行為といいますか、自宅のパソコンもWindowsからMacにくら替えしました。Windowsで仕事して飯食ってるわけですが、実はそれほど好きではなくて、昔から「機会があればMacにしよう」という考えがどこかにありました。お世話になった研究室の先生がバリバリのマカーだったのが影響大きいように思います。
 まあ、そんなわけで心の奥にあった願望が、iPhoneを触媒にして具現化したようでして、数週前にまだ貰ってないボーナスをあてにしてカード払いで購入。結果として実に快適な生活を手に入れつつあります。
 今の時代、MacだろうがWindowsだろうが出来ることに大差はないのです。むしろなんでもあり感はWindowsの方が高い。ただ、ささいなところでイラッとしないところとか、使ってての楽しさなんかがやっぱ違いまして、クルマに続いての高い買い物でしたが満足しております。会社では相変わらずWindowsですが、仕事を持ち帰ることはセキュリティ上ありえないので、関係ないですね。

 民主党のひどさとか、バカ首相の下衆さとか、言いたいことはいろいろあるのだけど、ひとつだけ、最近思っていることを。震災から原発事故の初期段階では、風評だとかなんだとかに惑わされてはいけないと、福島産の野菜だろうがなんだろうが、口にしていたのですが、最近になってはちょっと違う。政府の安全宣言は一切信用ならない。もっと深く疑えば、避難やら農作物が作れないことの経済的な損失と、今後何千人程度の被爆による発病被害者にかかる費用とを天秤にかけて、後者の方を選択しているのではないかとすら思っています。
 というわけで、「すぐには健康被害はない」というフルアーマー枝野の言い草を鵜呑みにするわけにもいかず、自分の身は自分で守るべく、申し訳ないけどなるべく原発から遠い産地のモノを食べようと思っているところです。本当に安全かどうかという点より、自分自身が納得して生きるためですね。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
クルマのこと
2011-06-13 Mon 22:09
 ひと月ぶりの更新です。もはや誰かに読まれることよりも、自身の記録としての本来の日記の役割になったようなブログですが。新しいキーボードの練習もかねて更新です。
 新しいクルマが納車になったのが5月22日で、事故もなく無事に過ごしています。まずは前のクルマについて。5年半乗りまして、おそらく純粋な速さという意味ではあのクルマ以上のものに乗ることは金輪際無いと思います。まさしく「公道最速」のクルマでした。買った当初からそこそこ好みに弄ってあったし、オーディオも変えてあったので、結局手放すまでどこも弄ること無く、買ったままで乗っていました。それで特に不満もなかったけど、今思えばちょっとでも手を加えると、もうちょっと愛着が湧いたのかも。
 性能に至っては、とにかくずば抜けていて、最後までアクセルベタ踏みの感覚になれることは無かったです。踏むたびに死に近づく恐怖を味わえる、とんでもないクルマでした。

 さて、新しいクルマですが、前のクルマに比べれば極めて庶民的です。ファミリーカーと言っても良い。室内もそれほど広くないし、エンジンもまあ普通。ただ、乗り心地含め足回りのバランスなどは選ぶ際にこだわったところでもあり、欧米で売れているという実績通りの、なかなかのものです。
 足回りに関しては、10年以上たって確実にヘタリだしていた前のクルマよりも曲がるかもしれないくらい良くできている。レギュラーガソリンで燃費もそれほど悪くないし(最近流行のエコカーには敵いませんが)、エクステリアの個性と滅多に同じクルマにすれ違わないレアなところなど、今の自分に合ったクルマを買うことが出来たな、と思っています。通勤距離を考えて合理的な選択ならば、バリバリのエコカーがベストだったのかもしれないけど、そんな中でも自分の好きな部分を持った選択が出来たので、満足です。

 新しいクルマにはナビをつけました。当初はディーラーに頼むかカー用品店に頼むか、と考えていたのだけど、クルマ好きの友人たちにそそのかされまして、DIYでの取り付けを決定。ネット通販で最安値で購入し、自分の手でなんとか取り付けました。正直、ナビもテレビも買うまではまったく必要としてなかったのだけど、今となってはけっこう手放せなくなりつつあります。特にナビに関しては、ちょっとした道の検索もしてみたり、思ったより活用している感じ。こうやって人間の脳みそは退化していくのか。。。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
津波の爪痕
2011-05-14 Sat 21:18
本日はフットサルのち、髪切りの一日。バイクのバッテリーが冬を越えた影響で上がってしまっていたのだけど、昨日、ネット通販で買った激安チウゴク製バッテリーが届きまして、久々にエンジンに火を入れることが出来、今日はバイクで一日うろうろしていました。ここ数年、エンジンの調子がイマイチでノッキングがしょっちゅう起こっていたのだけど、どうやらバッテリーのせいだったらしく、今日はエンジンが絶好調。ただ、足回りはリアサスが一本死んでいる影響もあり、ガタガタだったりです。

 フットサル終ってから理容室に行くまでの間に、宮城の沿岸部の道を通ってきました。東部道路から遠目で見たことはあったのだけど、実際に間近で津波の爪痕を見るのは初めてで、思っていた以上の衝撃で絶句・・・。
 どんなものを見たか、とか、どんな様子だったか、とかはあえてここでは書きません。それは報道されている情報とまったく一緒になってしまうから。ただ、実際に現地に行って感じたことは、まさしく「被害を実感した」という一言に尽きます。これまでも数々の報道から、津波の被害の写真だとか映像だとか動画だとか記事だとか、とにかくいろんなメディアからの情報を受けて被害を「理解した」つもりになっていたのだけど、まさしく認識が甘かった。そういうメディアの情報というのは、とにかく圧倒的に情報量が足りない。現地に行って、実際に目で見て臭いをかいで五感で感じる情報量により、初めて今回の震災の被害の大きさをおぼろげながら実感できた次第です(自分の想像力が弱いのかもしれないが)。

 そもそも、そういうところにノコノコと出かけることにはどこかしら「野次馬」「日和見」な部分があるのではないか、と抵抗があったのだけど、ものすごく主観的な部分ではあるが、やっぱりこの爪痕を見るべきだったな、と思いました。「がんばろう日本」だとか「復興」だとか、そういう言葉だけじゃなくて本質の部分の端っこに、ようやく自分自身がたどり着いたような。
 そして、震災に巻き込まれて亡くなった人が「運が悪かった」という思いよりも、震災に巻き込まれて死ななかったことに心底「運が良かった」と感じた。自分自身仙台に住んでいた時期もあり、どこかで一歩間違っていたらあの津波に巻き込まれていた可能性だって皆無じゃなかった、ということをまざまざと感じた。一瞬で2万人近くの命を奪ったエネルギーの恐ろしさが、そこにはまだ確実に残っていた。
 だから、最近いろいろと溜まっていてなんとなくやけっぱちな部分が自分自身少々あったのだけど、そんな小さなことではなく、とにかく運良くまだ生きてることを有効に使わなくてはなんてことを思った。やっぱ文章にすると稚拙で上手く書けないや。チクショー。とにかく、まだここからだな、と。一回多額の募金とかじゃなく、継続的な支援だとか、ともすれば忘れてしまいそうになるけど、忘れないこと。日常を取り戻した人は多く居るけど、実際はここからがもっともっとしんどくなるのかも、ということを念頭に・・・。ご冥福をお祈りいたします。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
納車予定とGWのことと、今日気が付いたこと
2011-05-11 Wed 20:27
 久々のブログ更新でございます。最近は思ったことやら主張したことなんかは全部ツイッターの方につぶやいてまして、すっかりブログの方は(ますます)更新から遠ざかってしまってまして。なにより、iPhoneのおかげで、ちっともPCを立ち上げることなく日々過ごしていることが、ブログ更新頻度の少なさにさらに拍車をかけているこの頃です。

 新しい車の納車日は5月21日、22日あたりになりそうです。契約が4月16日なのでずいぶん時間がかかりましたが、GWで流通が滞ったりディーラーが休みだったりだとかの影響みたいです。まあ、震災の影響をこうむっていたらさらに数ヶ月の待ち・・・とかの可能性もあったので、まずまずフツウの間隔で納車されることにひとまず安心しているところです。
 正直、「楽しみ」だとか「嬉しい」だとかより、「なんだかゼイタクして申し訳ない・・・」という気持ちのほうが大きいのがなんともフクザツな気分です。(もちろん、「楽しみ」も「嬉しい」も有るのですが)震災で大変な時期にクルマなんか買って能天気に喜んでて良いのか?というのがどうにも頭から離れない。こんなこと考えるだけ無駄だとわかっていても離れない。なのであまり考えないようにはしていますが。

 GWのことを少々。カレンダーどおりの休みでして、最初の3日間はフットサルいったり映画いったり。次の3日間はちょっと遠出の旅行ということで鎌倉に行ってきました。鎌倉に行くのは高校の修学旅行以来で、そのときのことも鶴岡八幡宮に行ったことと、大仏の中に入ったことしか覚えてない。(そもそも、高校の頃の記憶が薄いのです。中学の頃よりも)
 で、今回改めて鎌倉を観光したのですが、思ってた以上に良いところでした。もっとゴミゴミしてたり、変に都会になってたりするのかとの印象を持っていたのですが、サスガにちょうど良い感じに風情が残っているものですね。まあ、時期が時期だったので人の多さには閉口しましたが。北関東のあたり(鬼怒川とか)は閑古鳥が鳴いていたようなので、そっちの観光にすれば良かったかな、なんて思ったくらい。とにかく人が多いのだけが、ザンネン。
 一泊して、次の日は東京観光。これも修学旅行のようでしたが、六本木だとか上野だとか浅草だとか・・・前日歩き回って足に来ていたのだけど、めいっぱい遊んだのでマンゾクです。(また、しばらーく首都圏には行かないだろうなぁ。今回の旅行で1年半ぶりくらいだったし)

 さて、話は変りますが、今日、なんかちょっとすごいことに気がついたので、そのことについて。なにかというと、会社に行って「おはようございます」と言って、「お先します」と言うまで、ひとっこともしゃべらずに過ごす、という日が少なからずあるな、ということです。
 もちろん、会議があればそれなりに話しますし、開発についての情報交換のために口を開くことはありますが、そういう情報交換も基本的に(隣の席の人とでも)メールやらIPMSGやらで済ますことが多いです。えっと、僕が極端に回りの人と仲が悪いとかそういうわけではなく(実はそういう可能性もあるのかもですが)、周りの人同士もみんなそんな感じで過ごしているわけです。
 転職して最初のころは、これまでどおりと言いますか、周りにフツウにバカ話やら世間話を振って過ごしていたのですが、まあ、振ったときはそれなりにリアクションはあったのですが、逆に話を振られることがたぶん、これまで3年間で1回も無いのです。話振るばっかりじゃ疲れますし、なにより職場での浮きっぷりがハンパない、ってなわけで、いつしかワタクシも周りと同じようにおとなしーく過ごすようになった、ってなわけですな。
 職場の雰囲気というか社風というか・・・(少なくとも開発室に関しては、ですが)、そういうのがこの上なく「暗い」んですね。暗いって言っても重苦しいわけじゃなく、ただただ無関心というか・・・。そんなわけで、そういうところで仕事しているのが辛いとか、やりづらいとか、そいういうわけじゃないのだけど、なんといいますか、「人間的に健全じゃない」と感じるのです。三十数年も生きてきて、ここまで人間関係を築けない空間は初めてだ・・・ってなわけでなにかと精神的に歪みのでる要因のひとつになっている模様です。
 何度も言いますが、「周りのひとがキライ」とかそういうことはゼンゼン無いのです。仕事上、必要なことを話すことに抵抗はないですし。でも、例えばプライベートで何かしらの関係を持ちたいか、というと確実に「No」なわけで、飲みに行くとかも今じゃ考えられなくなっていますね。去年の会社の忘年会も一滴も飲まずにビンゴだけ参加してさっさと帰ってきましたし。

 ・・・うーん、これまでの人間関係が体育会系より過ぎたのですかね。こういう人間関係のほうが一般的なのでしょうか・・・。今の会社は前の会社に比べれば比較にならないくらい優良企業ですし、ボーナスだって倍近くになりましたし、待遇ってやつには何一つ不満無いので今のところ辞めるとかはゼンゼン考えてません。ただ、この「一言もしゃべらない異常さ」に本日ふと気がついたので、なんとなく久々にブログを更新してみた次第です。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ともあれ、ひとつの転機
2011-04-17 Sun 21:39
 未だ震災の影響は色濃く、これを書いている次の週末はどうなっているのか想像すら出来ない状況ではあります。ただ、山形市内だけで言えばずいぶんと活気が戻ってきていて、むしろ今まで自粛していた分いろんなところ(例えば、寿司屋とか居酒屋とか)が通常よりも混んでいるような状況も見受けられ、思うところはフクザツなれど、良い傾向のように思います。

 個人としても、震災以来活動を休止していたフットサルも今週やっと再開し、久々にチームのみんなと会って来ました。みんな元気そうでなにより。いろんな繋がりがあるにしろ、フットサルメンバは今の生活においてもっとも頻度の高い集まりではあったので、実際に顔を見て安心しました。それぞれ被災は大変だった模様。ただ、無事でよかったよ。一年くらいはブランクも無く、コンスタントに体を動かしていたので、この1ヶ月の影響は思った以上でして、体が動かない。まあ、ちょっとで戻ることを信じてます。

 さて、先週書いたクルマ購入顛末記ですが、なんと!本日購入に至ってしまいました・・・!3週間前くらいにはこんなことになるとはちっとも思ってなかったのですが、なんだかんだで結果として良かったと思っています。今のクルマは長距離通勤にはストイックすぎるきらいもあり、日本の公道を走るうえでは最速かもしれないが、その有り余るポテンシャルを隅から隅まで使い切る、という乗り方は出来てなかったし、出来ないだろう、と。
 ただし、これまでロータリーエンジンと公道世界最速車を乗り継いできたことは、燃費やランニングコストなどの経済的なところでは貧乏リーマンには過ぎたる負荷をもたらしたことは事実ですが、それ以上にドライビングとか運転観のようなところに懐の深さをもたらしてくれたことは間違いなく、後悔はしていないです。クルマを運転することは、心から楽しいことであること、それが大げさに言えば人生に影響を与えたりすることもあったりで、少なからず毎日の通勤時間が1.5時間だったりするのですが、その時間を楽しめるか単なる移動の時間とするかということは、生活に占める割と大きな割合の時間を楽しめるか否かにつながるとも思っていたりするのだなあ、と。今回のクルマ選びもそういう点がいちばん大きなポイントとなったように思います。

 今回は国産では日産・マツダ・スズキ・ホンダ・三菱・トヨタ、輸入車ではプジョーとVWを回って試乗車を乗り回してきました。軽自動車と7人乗りミニバンは候補に挙がらなかったけれど、それ以外はコンパクト・ミドルサイズ・SUVなど、車種に関わらずいろんなところを試乗。自動車の新車を買うというのは初体験で、試乗もほぼ初体験だったようなものなので、実に新鮮な時間を過ごせました。

 さて、今回の購入にいたったコトの顛末ですが、いくつかのディーラーを回って、「走りの楽しさ」「経済性」はある程度重要視するべきかというところで、スズキのスイフトとマツダのアクセラがきになった、というのは先週書いたとおりだったのですが、スイフトは車格がコンパクトで積載性などに不安、かといってアクセラだと少々予算オーバーか?と思ったところがあったのです。
 両者での下取り価格はマツダ:20万、スズキ:24万と、そこそこの額をつけていただいたので、もうちょっと高い額の下取りをどこかで付けてもらえれば、購入の際の交渉材料に使えるな、と思い、ちっとも買う気のないトヨタに出向き、全く興味の無いプリウスなどに乗って、愛車のインプちゃんの下取り査定をやってもらったわけです。
 ところが、査定額が・・・6万でした・・・。ええ・・・この間買ったiphone4と同額ですわ・・・。それまでは欲しくも無いプリウスの話などを営業の方と談笑していたのですが、この額には血の気が引き・・・。まあ、実際そのぐらいの価値しかないのかもしれませんけど、長年連れ添った相棒を無価値のように言われてしまうと、クルマ好きとしては腹が立ちますわ。ちなみに、試乗したプリウスの感想は、大人として控えさせていただきます。
 まあそんなこんなで、ほっといてもクルマがばかばか売れるであろうトヨタ様はシカトして、クルマを愛する心のわかってくれる営業がいらっしゃるマツダ様と契約を交わしてきたしだいです。6万という唖然とした金額(ただ、スタッドレス装着だったため、タイヤ代はまるまる10万引かれていたらしい)に、自分のもつ愛車の価値に疑問を抱いて、そそくさとマツダと契約をした、という側面は否めません。でもマツダ様は最終的にインプちゃんに5万査定額アップの25万という価格をつけてくれたし、値引きのほうも、金額は控えさせていただきますが有りえないところまでガンバってくれたこと、そして実際に乗ってみた際のアクセラの質の高さもあいまって、今回の購入にいたった次第です。
 予定としては、5月末くらいの納車。震災による生産への影響をギリギリすり抜けているらしいです。さてさて、正直、購入の実感のようなものはまだ薄いのですが、大きなお買い物の影響で、ちょっとポーっとしている春の夜です。ともあれ、クルマ購入は人生においてそれほど機会のない、ひとつの転機。こういうてこ入れのようなものは、日常のアクセントとしては有りかな、と思ったりします。

 
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
クルマ購入検討中
2011-04-12 Tue 19:47
 震災から一ヶ月たちましたが、まだ揺れます。ここ数日はまた揺れが酷くなってきて、またドカンと来るのではないかと怖くなります。それ以外はガソリンも食料品もいたってフツウ。隣の県ではまだ普通の生活を取り戻せない人がたくさん居るということを思うといたたまれませんが。

 さて、実はクルマの購入を検討しています(突然ですが)。ことの発端はといいますと、今年の11月に車検があるのですが、当然の如くまだ乗ろうと思っていたのですが、ここ最近あちらこちらと故障やら不具合が発生していまして、都度直してはいたのだけど、現在の状態として「窓ガラスがひび割れている(端っこから端っこまで)」「助手席側のキーシリンダーが抜けている」という、実にささいな不具合があるのですが、特にこの「キーシリンダーが抜けている」がK里氏によりイエローカードを突きつけられる要因となったのであります。(抜けてるってわかりづらいですが、擬音で言うと「ボロッ」って感じで本来鍵を挿す場所が内側に落ちていってしまっているのです)

 で、まあ検討するだけは無料だし、と思っていろいろ試乗しているうちに僕としてもその気になってきまして、今ではかなりの確率で乗り換えるのではないか、という状況です。おおよそ、これまで2回の車検で20万、35万とかかったこともあり、今回の車検もそれくらいかかることも考えられ、なによりも日々「次はどこが壊れるのか」とおびえながら過ごすのもストレスなので・・・。で、今度は新車を検討しています。

 これまでに2週間で日産・マツダ・スズキ・プジョー・三菱・ホンダ・スバル、とディーラーをはしごして、試乗をしてきました。あらためて並べるとかなりの数ですな。あとはトヨタとVWくらいは行こうと思ってますが、だいぶ自分の欲しいクルマの輪郭が見えてきた感じです。まずは「運転していて楽しい」こと。それに付随して「ハンドリング・足回りがしっかりしている」こと。普通に走るのであれば爆発的な加速とかは求めません。それはもう卒業ですな。あとは今のクルマよりは燃費が良いこと。あまりその辺で見かけないこと。価格が200万前後。ぐらいです。が、これに合致するクルマって以外に有りそうで無いのです。ひとまず、ディーラーを渡り歩いての候補が「スイフト」「アクセラ」の2種。この2つならどちらを買っても後悔しない程度には思えているのだけど、さてさてここからどのように絞り込むか、が問題。

 スイフトの場合は荷室が狭いのが、欠点。アクセラはいろいろ(それでも最低限の)オプションつけるとちょっと予算オーバーか?だけどオプションケチった新車が納車されるとなんかミジメな気も。スイフトなら元の価格が安いのでオプションの面では余裕があるし、狙ってる最上級グレードはオートクルーズなんかもついていて便利かも。だけどエンジンのパワーを考えるとアクセラのほうが余裕あるし、遠出するときは楽かなぁ。いやいや、スイフトの燃費は侮れないぞ・・・。などと考えてると、日々堂々巡りなのです。

 ただ、震災の影響でマツダは今月くらいを過ぎると納車がいつになるかわからなくなりそう。スズキは既に納車日未定。ということらしくて、あまりベストなタイミングではないようなのですが、ものすごくミクロな被災地支援・および日本経済支援の一環として、買ってしまおうか、などと思っています。
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | OWN WAY OWN LIFE | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。